Home > 6月 2012

6月 2012

Kickstarter My Heart 『Lilly Looking Through』

2012年6月25日月曜日 Category : 0

デモ版で心惹かれ、Kickstarterに来ていたにも関わらず、紹介するのを忘れてしまっていた『Lilly Looking Through』について。

News Pick Up 2012年6月第4週

2012年6月23日土曜日 Category : 3

インディーゲーム界隈のニュースを、俺個人の趣向でピックアップして適当に紹介するよ!

※英語はまだまだ勉強中なので、正確な情報を知りたいときは原文を読んでね。
※なるべく正確な情報を掲載したいため、誤りなどの指摘がありましたらご連絡ください。

放物線の軌跡で起こす奇跡『Sphere』

2012年6月18日月曜日 Category : 0

ある人は言った。

「鳥のように大空を翔べたらなぁ」

数多のゲームはその言葉を実現しようと試みた。

あるときはジェットパック。あるときはスキーイング。あるときは瞬間転移の魔法。インラインスケートにムササビスーツ。ひるがえっては超人、あるいは彼らが放つ蜘蛛の糸。

例を挙げれば枚挙にいとまがない。

鳥にならずともよい。自由に三次元空間を行き来するというのは、それだけで魅力的な行為なのだ。二本の足で地上にへばりつく我らにとって、それは共通する欲求なのかもしれない。

近年のゲームでは、三次元空間の真理に手をかけ、目にする空間すべてに股かけることを可能にした「ポータルガン」が記憶に新しい(と言っても5年も前である)。

神をも畏れぬこの発明品はまさにエポックメイキングだった。ポータルガンを扱った作品『Portal』は一人称視点のアクションパズル、通称「First Person Puzzler」というジャンルを確立するに至った。

さてさてようやく本題である。

今回紹介する『Sphere』もFirst Person Puzzlerと呼ばれるゲーム。『Portal』の後を追ってこのようなゲームは多数リリースされたが、なかでも  『Sphere』 の感触はとてもよい。シンプルなルールと気持ちのよいアクション。私が求めていたFirst Person Puzzzlerはこういうゲームだ。

次世代型ウィザード体感ゲーム『In Verbis Virtus』

2012年6月12日火曜日 Category : 0

マイクを使って魔法をキャスト! 

『In Verbis Virtus』のデモをプレイしたところ、ゲーム内容がユニークで非常に魅力的だったので紹介してみよう。

Powered by Blogger.

Back to Top